日本語能力試験(JLPT)完全ガイド!日程、問題構成、レベルによる職業の違いなど

外国人が、日本の大学等への入学試験や大企業の就職面接を受ける時、日本語能力の証明を求められる場合が多い。その際に最も利用されている試験が、日本語能力試験(JLPT)だ。日本語の勉強は、世界中のどこでもいつでも始められる。まずは、この記事で日本語能力試験(JLPT)試験のことを十分理解し、目指すレベルを決めて効率的に目標を達成しよう。

 

日本語能力試験(JLPT)とは?

日本語能力試験とは、日本語を母語としない人の日本語能力を測定する試験だ。1984年から開始され、2018年には全世界で約100万人が受験した世界最大規模の日本語試験である。試験結果は、日本の大学や専門学校への入学、日本企業への就職、昇給・昇格、他の資格認定への活用等、様々な場面で評価の対象となるため、日本へ留学したい人や日本で働きたい人は、必ず受験しておきたい試験だ。

○レベル

日本語能力試験には、N1、N2、N3、N4、N5の5つのレベルがあり、N1が一番むずかしく、N5に向けて易しくなっている。それぞれのレベルの目安は、【読む】【聞く】という言語行動で表されている。各レベルの目安は以下のとおりだ。

N1>
幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。日本語能力は非常に高く、日常会話だけでなくビジネス会話や専門用語も理解することができ、日本人ともスムーズにコミュニケーションをとることができる。通訳ができるレベル。

【読む】新聞の論説、評論など、複雑な文章や抽象度の高い文章を読んで、内容を理解することができる。さまざまな話題の内容に深みのある読み物を読んで、話の流れや詳細な表現いとを理解することができる。
【聞く】幅広い場面において、自然なスピードの会話やニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握することができる。

<N2>
日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。日常会話は問題なく、ビジネスでも大いにコミュニケーションをとることができる。日本語でディスカッションも可能なレベル。

【読む】新聞や雑誌の記事・解説、平易な評論など、論旨が明快な文章を読んで、内容を理解することができる。一般的な話題に関する読み物を読んで、話の流れや表現意図を理解することができる。
【聞く】日常的な場面や幅広い場面で、自然に近いスピードの、会話やニュースを聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係を理解したり、要旨を把握することができる。

<N3>
日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる。日常会話は問題ないが、ビジネス会話は、会話の内容や話すスピードなど場合によって伝わらないこともある。

【読む】日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を理解したり、新聞の見出し等から情報の概要をつかむことができる。日常的な場面で目にする難易度が少し高い文章は、言い換え表現が与えられれば、要旨を理解することができる。
【聞く】日常的な場面で、やや自然に近いスピードの会話を聞いて、話の具体的な内容を登場人物の関係などと合わせてほぼ理解できる。

<N4>
基本的な日本語を理解することができる。日本人が話す日常会話はある程度理解ができるが、自分の考えなどを話すのは少し苦手なレベル。

【読む】基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中で身近な話題の文章を理解することができる。
【聞く】日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話の内容をほぼ理解できる。

<N5>
基本的な日本語をある程度理解することができる。挨拶や自己紹介ができるレベル。

【読む】ひらがなやカタカナ、日常生活で用いられる基本的な漢字で書かれた語句や文章を理解することができる。
【聞く】教室や、日常生活の中でよく出会う場面で、ゆっくり話される短い会話から必要な情報を聞きとることができる。

○試験科目と試験時間

試験科目は、言語知識(文字・語彙・文法)・読解、聴解の2つ。レベルごとに試験内容や難易度が異なるため、試験時間は以下のようになっている。

※試験時間は変更される場合があります。また「聴解」は、試験問題の録音の長さによって試験時間が多少変わります

○試験問題の構成

各試験科目では、測ろうとしている能力ごとにまとめられ「大問」が設定さている。各レベルごとに大問のねらいが異なり、それに沿った複数の小問が出題されている。会話や作文の試験はなく、選択によるマークシート方式で、選択枝の数はほとんど4つだが、「聴解」では3つの問題もある。各レベルで出題される大問は以下のとおり。

▼ レベル別大問のねらい
N1:https://www.jlpt.jp/guideline/pdf/n1.pdf
N2:https://www.jlpt.jp/guideline/pdf/n2.pdf
N3:https://www.jlpt.jp/guideline/pdf/n3.pdf
N4:https://www.jlpt.jp/guideline/pdf/n4.pdf
N5:https://www.jlpt.jp/guideline/pdf/n5.pdf

○スケジュール、実施都市

日本語能力検定試験の実施は、年2回(7月・12月)。実施都市は、2019年実績で日本47都道府県と海外46または75の国・地域(実施月によって異なる)となっており、世界のさまざまな場所で受験が可能だ。
※新型コロナウイルスの影響で、試験時期は変更になる可能性があるので注意が必要だ。

○受験者数の推移、属性

日本語能力試験の受験者は、試験がはじまった1984年の7000人から増加しており、2018年には100万人を超す規模になった。これは、日本語学習者の増加に比例しており、国際交流基金が実施した「海外日本語教育機関調査」によると、海外における日本語学習者は1984年の約58万人から2015年の約365万人へと増加している。
日本語能力試験は、受験するための年齢制限や学歴条件等がなく、受験者の属性は小学生から社会人までと幅広い。2018年第2回試験の海外の応募者を属性別にみると、1番多いのが大学・大学院生(高等教育)の42.2%、次が就業(会社員・公務員・教員・自営等)の27.6%となり、あわせて全体の約7割を占めている。

○合格率

合格率は実施回によって異なるが、N1〜N4で3割前後、N5で5割前後と簡単な試験とは言えないのが現状だ。基礎的な勉強に加え、過去問題もしっかりと復習して臨む必要があるだろう。2019年第1回(7月)の合格率等データは以下の通りだ。

※受験者数には一部の試験科目だけを受験した者の数を含む。

受験するメリット

日本語能力試験が、受験者数約100万人を超える世界最大級の日本語試験となった背景のひとつとして、学校での単位・卒業資格認定や企業での優遇、社会的な資格認定等、認定によるさまざまなメリットがある。取得レベルによっては、大学の入学試験や会社の入社試験等で日本語の能力を証明できる公式な資格としてアピールできるので、判定に有利に働く場合も多い。
その他の具体的なメリットは下記の通りだ。

(1) 日本の出入国管理上の優遇措置を受けるためのポイントが付与される
高度外国人材においてN1またはN2合格者に適用。

(2)日本の国家試験の受験条件のひとつとなる
日本語能力試験N1が受験資格になっている国家試験としては、医師等の国家試験をはじめ、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、救命救急士、獣医師などがある。

(3)日本の准看護師試験を受験するための条件のひとつとなる
海外の看護師学校養成所を卒業した人が、日本の准看護師私見を受験するためには、日本語能力試験N1の認定が必要。

(4)日本の中学校卒業程度認定試験で一部の試験科目の免除が受けられる
外国籍などの受験者の場合、N1またはN2合格者は国語の試験が免除される。

(5)EPA(経済連携協定)に基づく看護師・介護福祉士の候補者選定の条件のひとつとなる
インドネシア、フィリピン、ベトナムから来日する看護師・介護福祉士の候補者は、日本語能力試験N5程度(インドネシア、フィリピン)またはN3(ベトナム)以上の認定が必要。

受験手続きの流れ

受験手続きは、日本で受験する場合と海外で受験する場合で異なる。以下、それぞれについて主な手順を示す。

日本で受験する場合

1.試験の実施日程を日本国際教育支援協会のウェブサイト(https://info.jees-jlpt.jp/)で確認。MyJLPTの登録を行う(いつでも登録可)
2.日本国際教育支援協会のウェブサイトから申し込んで、受験料を支払う(試験の約3ヶ月前から申し込み可能)
3.試験の約1ヶ月前になると、日本国際教育支援協会から受験票が届く
4.試験を受ける
5.試験の約2ヶ月後に、日本国際教育支援協会から「合否結果通知書」を受け取る(MyJLPTにログインして試験結果を確認することもできる)。合格者には「日本語能力認定書」も交付される

○海外で受験する場合

1.公式WEBサイトかから試験を受ける国・地域の実施都市と実施機関を調べる(https://www.jlpt.jp/application/overseas_list.html
2.実施機関に申し込み方法を確認し、受験案内(願書)を入手する
3.受験案内をよく読んで、実施機関の指示にしたがって申し込み、受験料を支払う(試験の3〜4ヶ月前頃から申し込み可能)
 ※申し込み受付期間は受験地によって異なるため、必ず受験地の実施機関に確認すること
4.実施機関から受験票が届く
5.試験を受ける
6.試験の約2ヶ月後に、実施機関から「日本語能力試験 認定結果及び成績に関する証明書」を受け取る。合格者には「日本語能力認定書」も交付される

※上記は、海外における一般的な手続きの流れ。国・地域によって異なる場合があるので、詳しくは実施機関に確認を。また、海外では7月の試験だけ行う都市や12月の試験だけ行う都市がある。

証明書の発行

進学や就職等で必要な場合は、「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」の発行を申請できる。この証明書には、合否結果と得点区分ごとの得点が書いてあり、学校や会社への公的な証明として使用できる。発行手続きの申込み先は受験地によって異なる。
日本で受験した場合の発行申請手続きは下記の通りだ。

○MyJLPTから申し込む

MyJLPTにログインし、「受験結果・証明書発行」ボタンをクリックして手続きを進める。ただし、団体代表者による一括登録方式で申し込んだ場合は、代表者のみが発行申請をできる。

○郵送で申し込む

日本国内で受験した人のみ郵送での申し込みが可能だ。次の3つを受付センターに送ろう。

(1) 発行を希望する試験の「合否結果通知書」または「認定書」のコピー
無くした方はパスポート(名前と生年月日が書かれたページ)のコピーに受験年度を書いたもの

(2) 「日本語能力試験 認定結果及び成績に関する証明書」発行申請書(日本国内受験者用)または、「送り先住所・電話番号・必要部数」を書いたメモ

(3) 発行手数料(銀行の為替・小切手は受付不可)
① 日本に住んでいる人:1部につき郵便定額小為替証書 1,000円
速達(特定記録)を希望する場合は、送料として別に500円分の郵便定額小為替証書が必要
② 海外に住んでいる人:1部につき国際郵便為替 1,000円
さらに、国際スピード便(EMS)料金として国際郵便為替1,000円

※国際スピード便(EMS)で発送します。他の送付方法は選べません。
※例:証明書が1部ほしい場合は、2,000円分の国際郵便為替が必要です。
    証明書が2部ほしい場合は、3,000円分の国際郵便為替が必要です。
    証明書が3部ほしい場合は、4,000円分の国際郵便為替が必要です。

※国際郵便為替への記入は下記の通り
・受取人名は、「公益財団法人日本国際教育支援協会」
・受取人住所は、「〒153-8503 東京都目黒区駒場4-5-29」

▼郵送先
日本語能力試験 受付センター
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル6階東コア
TEL: 03-6686-2974  FAX: 03-6845-2544

送付先が日本国内の場合、申請してから手元に届くまで1週間〜2週間程度かかる。送付先が海外の場合は2週間以上かかることもある。また、申請が集中する時期など、状況によって通常よりも時間がかかる場合が多いので、必要な場合は早めの手続きを心がけよう。
なお、認定に有効期限はないが、試験の結果を参考にする会社や学校が有効期限を設けている場合があるので注意しよう。

▼証明書の発行について詳しくはこちら
https://www.jlpt.jp/certificate/index.html

各職業で求められるレベル

日本で働く際には、職業によって求められる日本語能力のレベルが違う。日本語の能力は仕事中に身につくことも多いので、自分のレベルを把握した上で、日本語を使用する環境には積極的にチャレンジしたい。

▼日本語能力試験のレベルに対応する主な職業
N1:全職種OK。オフィスワーク、日本語の契約書を扱う業務、ホテルのフロント、高級料理店のホールスタッフ等
N2:日本人上司の指示や確認が時々必要な業務、コンビニ店員、レストランのホールスタッフ、日本人への簡単な接客等
N3:バイキング(食べ放題サービス)店のホールスタッフ、スキー場などのレジャー施設スタッフ、裏方全般(客室清掃、洗い場、調理補助)等
N4:裏方全般(客室清掃、洗い場、調理補助)、外国語マニュアルのあるライン作業等
N5:裏方業務(客室清掃、洗い場)、外国語でのサポートがある単純作業等

在留資格で求められるレベル

日本に滞在するにあたって必ず必要になる在留資格と日本語能力の関係だが、2019年4月に新設された「特定技能1号」と2019年5月新設の「特定活動46号」では必要な日本語能力レベルについて規定されている。
特定業種に限り単純作業含む現場の仕事ができる「特定技能1号」では、日本語能力試験N4以上の取得または国際交流基金日本語基礎テスト合格が必須となる(ただし、技能実習2号を良好に修了した外国人は試験等免除)。また、技術・人文知識・国際業務の要素を含みながらも外食や宿泊・介護などの現場労働も行える「特定活動46号」では、日本語能力試験N1またはBJTビジネス日本語能力テスト480点以上が要件とされている。

上記2つ以外の在留資格については、日本語能力を証明する必要はない。しかし、在留資格取得のポイントとなる日本における活動において、日本語ができなければ遂行不可能な場合は、それに見合った日本語能力が必要となるのは当然だ。例えば「技術・人文知識・国際業務」は、取得するための学歴基準があるが、日本語能力についての基準は明記されていない。しかし、在留資格を得るためには、大半が日本企業から採用される必要があり、在留資格を得やすい大企業のほとんどが、就職面接時にN1、N2レベルを求めている。スムーズに日本で働くためには、N2レベル以上を取得していることが望ましく、就職活動時に取得していれば合否に有利に働くと考えられる。

合格するためにやるべきこと

試験に合格するためには、戦略が必要だ。孫氏の言葉「己を知り敵を知れば百戦危うからず」に倣い、日本語能力試験の勉強法を見ていこう。

○己を知る
自分の現状を知ることは、試験合格のための第一歩だ。目標を設定するためにも、まずは日本語能力試験公式HP(https://www.jlpt.jp/samples/forlearners.html)より試験問題例に挑戦し(無料)、自分に今どのくらいの日本語能力があるのか確認してみよう。その際には点数だけを気にするのではなく、得意なところ・苦手なところを把握するのが重要だ。
試験を受けた後も、自分を振り返る良い機会だ。合否の結果だけでなく、何ができて何ができなかったのかを確認することができる。結果の見かた
https://www.jlpt.jp/guideline/results.html?pScanchor5)を参考に、次回に向けて勉強計画を練り直そう。

○敵を知る
日本語能力試験について知る上で特に重要なのは、出題項目と合否判定の方法だ。合格するためには、総合点が合格に必要な点(=合格点)以上であることと、各得点区分の得点が、区分ごとに設けられた合格に必要な点(=基準点)以上であることが必要だ。自分の受験するレベルでは、どの項目で何点必要か、判定の仕組みを理解することが合格への近道だ。
また、実際の試験問題を解くことは、日本語能力の向上と試験の方式に慣れるという点で有効な方法だ。公式問題集には過去の試験に出題された問題が収載されており、より本番に近い形で取り組めるため、おすすめだ。
▼参考書籍
https://www.jlpt.jp/reference/books.html

その他、心に余裕をもって試験に臨むためにも、自宅で時間制限内に1回分の試験問題を解いてみたり、当日の試験会場や交通手段を確認しておくこと等、できることはたくさんある。いろいろと試して、自分に効果的な方法を見つけよう。

最近では、英語を主体としたグローバル採用を行う企業も出てきたが、従来の日本企業では、日本語能力試験の取得レベルが合否に少なからず影響を与える。そのため、就職活動の際には、できるだけ高いレベルを取得しておくことが得策だ。日本への留学を予定している人も、将来日本企業への就職を考えているなら、ぜひ早めに取り組んでおきたい。日本語能力試験は、何度でも受験可能だ。この記事で概要を掴み、効果的な勉強法を見つけて、納得のいく結果が出るまでチャレンジしよう。

 

※本記事の情報は、公開時点のものです。